定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  ご利益石仏 平成18年1月号  
いぼ取りに霊験  塩地蔵
 
 バブルがはじけて多くの企業が倒産したり、大幅なリストラを実行したことなどは記憶に新しいところ。株価が上がり、景気も安定したといわれるが、まだまだ、サラリーマンの首は不安がぬぐえない。そんなときにぜひ一度足を運びたいのがこの首つぎ地蔵。

 もともと頭部と体は別々のところにあったというが、信心深い2人の人の夢枕に立ち、無事に頭部と体をつなぐことができたという。このため、昭和初期の大恐慌時代は「首切り」を免れようと、多くの参拝者でにぎわった。時代背景が生んだ流行神(はやりがみ)のひとつでもある。

 トタンぶきの質素なお堂のなかに安置されていて、参拝者は靴を脱いで、お参りをする。ろうそくと線香が用意されており、お地蔵様と正対し、手を合わせることができる。よく見ると首の部分は赤い前垂れが掛けられており、よく分からないが、体の割に、頭は若干小さいように感じる。お地蔵様の周りには花や千羽鶴などが飾られ、今でも参拝者が絶えないようだ。

 西武池袋線中村橋駅から中杉通りを10分ほど歩くとバス停「八幡前」があり、その八幡神社が目印。八幡神社は練馬区内でも屈指の古建築物で、その裏手の一角にある。境内には、神仏混交時代の名残をとどめる「卍」の彫刻のある御手洗石など昔をしのぶ遺構も。

  練馬区中村南3の2の1。

ポイントページの先頭へ
趣味
坂のある街
最新号
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
ご利益石仏
最新号
過去の記事一覧
   
おとなサロン
最新号
平成23年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.