定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | お茶の間けいざい | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  ご利益石仏 平成19年9月号  
梅若堂の傍らに立つ  身がわり地蔵
 
 平安時代の悲話「梅若丸物語」を伝える墨田区の木母寺 (もくぼじ) 。高さ40メートルもの都営住宅群と隅田川に挟まれた境内に、梅若丸をまつる梅若塚と梅若堂がある。その傍らにひっそりとたたずむ身がわり地蔵。

 「ボケ封じ」や病気回復にご利益があるといわれるが、木母寺に常駐する天台宗住職の阿部亮照さん(46)は「どういう経緯で造られたかなどは、史料が残っておらず分からないのです」と話す。

 高さ1メートル足らずで、細長い顔の表情や手足の造形は、ほとんど原形をとどめない。大戦の空襲で辺り一帯が焼け野原になり、「その時お地蔵さまも被害に遭われたのでは」と阿部さん。ガラス製の覆い堂の中にある梅若堂や境内の石碑には、機銃掃射の跡が無数に残り戦争の恐ろしさを物語る。

 梅若丸物語は、幼い命を落とした梅若丸と、わが子を捜し狂女となった母親の説話。室町時代、能楽の名作「隅田川」ができたのを皮切りに、浄瑠璃や歌舞伎など種々の芸能に広く取り入れられ、近年はオペラの作品にもなった。説話を記した絵巻物「梅若権現御縁起」を寺宝とする木母寺は "隅田川芸能のルーツ" とされ、芸道上達を祈る人の姿が絶えない。「古典芸能はもちろんですが、ピアノなどの音楽や美術を学んでいる方も、かなりお見えになります」と阿部さん。多くの人がそこで身がわり地蔵に気付き、それぞれの願いを託していく。


『梅若堂 / 身がわり地蔵』
場所 : 東武伊勢崎線鐘ケ淵駅徒歩10分

ポイントページの先頭へ
趣味
坂のある街
最新号
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
ご利益石仏
最新号
過去の記事一覧
   
おとなサロン
最新号
平成23年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright2017 Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.