定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  今月の旅情報 平成22年1月下旬号  
“キトキト”富山 「天然のいけす」富山湾がもたらす海の幸  富山県

氷見のブリを手にし、「これは9キロくらい。寒ブリとしては小ぶり」と浜出勝之さん。10数キロの寒ブリをさばくことも多い
 

「ブリとフグの湯くぐり」。タレは、豆乳をベースにした“甘味”と、リンゴを生かした“酸味”
 
 「キトキト」は、「生きが良い」といった意味の富山の言葉。「天然のいけす」といわれる富山湾は、キトキトの海の幸をふんだんにもたらす。冬は「日本一」の呼び声高い氷見の寒ブリなどがおいしい時季。“キトキトの料理”でおなかを満たすのは、旅先ならではのぜいたくだ。食べ過ぎが気になったら、「薬膳(やくぜん)料理」がおすすめ。売薬の伝統を生かした滋味が、心と体を癒やしてくれる。

氷見の寒ブリ“旬”
 沿岸近くから水深1000メートルを超す深海に―。富山湾の地形は特異だ。水深300メートルぐらいまでは暖流が流れるが、それより深いところは「深層水」と呼ばれる冷水域。ブリやアジといった暖流系、アマエビ、ズワイガニなどの冷水・深海系…。双方を水揚げする“神秘の海”だ。「キトキト」は、単に新鮮の意味と思われがちだが、「子どもの目がキトキトしている」といったように、「新鮮を超えた響きがある」と地元の人は笑顔を見せる。

 海越しに立山連峰を望む氷見市は、寒ブリの本場。民宿・磯料理「魚恵」(TEL0766・72・3744)店主の浜出勝之さん(64)は「富山の漁師は魚の扱いが丁寧」と誇らしげに話す。捕った魚をすぐ氷水に漬けるため、「鮮度がほとんど落ちない」。伝統の昆布だしなどで食材の味を引き立たせる料理法が「富山湾の恵みに一番合っている」と自信を見せる。例えば料理人仲間と考えた創作料理「ブリとフグの湯くぐり(しゃぶしゃぶ)」。半生にしたブリのうま味、タレの甘味や酸味が口中いっぱいに広がる。地酒「曙」は〝端麗辛口〟。地酒のおいしさも富山の自慢だ。

 品数は多いが、「1泊2食で1万1000円から」(魚恵、酒代別)。アンコウやマダラも旬の冬が来客のピークだが、富山県認定の「食の語り部」でもある浜出さんは「春からのキトキトもぜひ味わって」と言葉に力を込める。春は水揚げの時、青い光りを放つホタルイカの季節。“富山湾の宝石”シロエビの漁も4月から始まる。夏はクロマグロ、秋は新カマスなどの時季で、四季を通して遠くから足を延ばす人も少なくない。

 
結婚式などの慶事で用いられるタイの細工かまぼこには、目を見張る大きさのものも=夢テラス海王
 
「薬都」の健康膳。旬の食材や漢方の材料を用いた滋味は、地元の人たちにも親しまれている
技巧凝らした 細工かまぼこ
 富山では富山湾で捕れる白身魚を使用した「かまぼこ」の食文化も発展した。県内のメーカーは約40社あるが、商品の多くは甘くてふっくらとした食感だ。タイなどの細工かまぼこには流麗な技巧が凝らされ、見た目にも楽しい。

 射水市の「食と健康のミュージアム・夢テラス海王」(TEL0766・82・7744)では、細工かまぼこ作りを見学できる(時間は問い合わせを)。夢テラス海王館長の菊池茂雄さん(55)は「2月にはバレンタインかまぼこ、3月にはひなまつりかまぼこもお目見えします」と笑顔で話す。

「薬膳料理」薬の伝統 滋味に
 300年以上の歴史を持つ越中・富山の薬売り。「置き薬」製造会社は同県に約50社あり、今も全国の家庭に、なじみ深い薬などを届けている。

 薬の伝統を生かした「薬膳料理」も富山ならでは。胃腸薬「越中反魂丹」を看板製品にする富山市の和漢薬製造・販売、(株)池田屋安兵衛商店は、なまこ壁が老舗の風格を醸す店構えを誇る。薬の香りが立ち込める店内を2階に上がると、食の空間「薬都」(TEL076・425・1873)。薬都の健康膳(2100円~・要予約)は、漢方の考えに基づいたコース料理だ。鶏肉と野菜を煮込んだ朝鮮ニンジン入りのスープ、ミネラルをたっぷり含んだ黒米料理など、体に優しいメニューをそろえている。「旬の素材を大切にしています」と同社代表取締役の池田安隆さん(54)。冬は「体を温める献立」。根菜類と漢方の食材が織り成す滋味が、くつろいだ気持ちにさせてくれる。

 一方、JR富山駅前の「春々(ちゅんちゅん)堂」(CiCビル5F、TEL076・444・7198)は、医薬品メーカー、㈱廣貫堂が直営する薬膳カフェ。薬膳の食材を取り入れたカレーやデザート、ドリンク類などが気軽に楽しめる。同市内の廣貫堂資料館(TEL076・424・2310)では、豊富な資料を通し、「富山の薬」を多角的に紹介している。


【富山の観光・物産に関する問い合わせ】
富山県アンテナショップ「いきいき富山館」 TEL03・3231・5032

ポイントページの先頭へ
旅行
今月の旅情報
最新号
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
おすすめ特選ツアー
最新号
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
アンテナショップ
最新号
平成25年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.