定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション
定年時代
 
  今月の旅情報 令和4年11月下旬号  
原発事故、被災地の“今”へ  福島県/いわき市ほか

「原子力災害考証館 furusato」。東電福島第一原発事故に関わる裁判記録なども目にできる。里見さんは「原子力災害は福島県民だけでなく、国民一人一人が向き合うべき問題。多くの人たちと一緒に考えを深める場にしていきたい」
被災地めぐる「Fスタディツアー」
 福島県いわき市の名湯・いわき湯本温泉。創業327年の老舗ホテル「古滝屋」の館内には、東電福島第一原発事故後の“声”を伝える、手作りの資料館がある。古滝屋館主の里見喜生(よしお)さん(54)が昨春開設した「原子力災害考証館 furusato」。里見さんは震災の年の秋、被災地を巡る「Fスタディツアー」を立ち上げ、自らガイド役を務め続ける。「被災地の『今』を見て、知って、感じていただければ…」

 毎分5トンもの湯量が自慢の「美人の湯」—。いわき湯本温泉へは、東京から特急電車で2時間余りだ。一方、温泉街から約50キロ北には東電福島第一原発。2011年の東日本大震災と原発事故発生後、1695(元禄8)年創業の古滝屋は1年4カ月間もの休業を余儀なくされた。「16代当主」である里見さんは「廃業も考えました」。

 休業中はボランティアの宿泊場所、避難した高校生の「寄宿舎」などに施設を開放。第一原発がある同県双葉郡内に向かう「Fスタディツアー」を、仲間の協力も得て同年11月にスタートさせた。「復興の『F』、福島の『F』、FACT(事実)の『F』…、いろんな思いを『F』に込めた」。コースは避難区域見直しに伴い“北上”を重ね、今は「第一原発20キロ圏内」を中心に案内する。第一原発と同種の原子炉を持つ第二原発が見える富岡漁港、全国から大勢の花見客を集めたJR夜ノ森駅前桜並木…。長大な防潮堤が海と陸を隔てるように続き、幹線道路沿いには真新しい公共施設やショッピングセンターが立つ。半面、住宅地には雑草が伸び放題で除染が手つかずの空き家が、今なお数多く残る。「日程は、お客さまの希望を伺った上で調整させていただいています」。それでも11年に及ぶツアーの催行回数は1600回以上、延べ参加人数は約6500人に上る。


富岡漁港から東電福島第二原発を望む。里見さんは「事故前の福島第一原発と外観も似ている」と話す
 古滝屋9階に「原子力災害考証館 furusato」が開館したのは震災10年後の昨年3月。震災前は宴会場だった20畳の和室に、里見さんが集めた原発関連の書籍や資料、パネルなどを展示している。部屋の真ん中には、第一原発が立地する同県大熊町の捜索現場を“再現”。津波で父親と妻、次女を亡くした木村紀夫さん(57)が、被災地の活動を通して知り合った里見さんに共鳴し、自ら遺品や写真を配している。

 古滝屋の5つの風呂は、「源泉かけ流し100%」。里見さんは「疲れた心と体を癒やしてもらうのが温泉旅館。震災後、『身の丈に合ったサービス』をしていく中、その本質に気付かされた」と笑みを見せる。昨秋、考証館は隣の20畳の和室にも展示スペースを拡大。「多くの人が『自分事』としてこの問題を捉えることが、風化を防ぐと信じています」

「語り部」の津波体験も
 「Fスタディツアー」のコース上にない「いわきのおすすめ」も紹介したい。観光名所として有名な塩屋埼灯台の近くに「いわき震災伝承みらい館」(Tel.0246・38・4894)がある。土・日曜日と祝日には、「震災語り部」が体験談を聞かせている。  語り部の一人・小野陽洋(あきひろ)さん(31)は祖母を気遣い避難をためらううち、自宅2階で津波に襲われた。「いったんは首元まで波に漬かった。祖母を片手で抱えて、波の中で10分間耐えた」。波を受ける直前の46秒間は動画を撮影。その映像を映しながら訴える。「自分と同じ過ちは絶対しないで!」。「語り部」の時間は午前10時半からと午後2時からの2回。無料。


「さんまのポーポー焼き」を手にする遠藤さん
「さんまのポーポー焼き」
 塩屋埼灯台の南にある「ごはん・カフェきゅういち」(Tel.0246・38・2191)。一番人気は「さんまのポーポー焼き」(定食1000円)だ。サンマにネギとショウガ、みそなどを加え、ハンバーグ状にして焼いた郷土料理。店を切り盛りする遠藤玲子さん(57)は、「サンマの食感を生かすため全て手作業」と話す。「味の決め手は熟成みそと食材の切り方。さんまのポーポーメンチバーガー(600円)も好評です」。遠藤さんの両親は民宿を営んでいたが、津波で大きな被害を受け、やむなく閉店。親子が「再出発」と位置付ける同店は仮店舗を経て、隣接の多目的宿泊施設と共に19年春に正式オープンした。

◆ Fスタディツアー ◆
 古滝屋前発着で、所要時間約4時間。古滝屋のマイクロバスか乗用車に同乗。4500円(車代含む)。

◆ 原子力災害考証館 furusato ◆
 入館無料。午前10時〜午後4時(古滝屋宿泊者は応相談)。無休。
 問い合わせは古滝屋 Tel.0246・43・2191

ポイントページの先頭へ
旅行
今月の旅情報
最新号
令和4年過去の記事一覧
令和3年過去の記事一覧
令和2年過去の記事一覧
令和元年過去の記事一覧
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
おすすめ特選ツアー
最新号
令和3年過去の記事一覧
令和2年過去の記事一覧
令和元年過去の記事一覧
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
アンテナショップ
最新号
平成25年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.