定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  健康レシピ 平成30年6月下旬号  
アオジソご飯  270キロカロリー、塩分1.6グラム/1人分
アオジソご飯
 シソは日本を代表するハーブの一つです。古くから日本人とともにあり、既に平安時代には栽培が行われた記録があります。

 シソにもいろいろ種類がありますが、食用としては緑色のアオジソと赤色のアカジソがよく利用されます。薬味や刺し身のツマ、料理の香味付けや魚の臭み消し、さらに梅干しをはじめとした漬物など、日本人の食文化には欠かせない食材です。また、古くから薬用としても利用されており、現在でも「蘇葉(そよう)」として漢方薬に配合されています。

 シソ特有の香りのもとである精油成分ペリルアルデヒドには強い防腐作用があり、食中毒を防ぐ働きがあります。さらにシソには、抗酸化作用のあるβ—カロテンが豊富に含まれているため、タンパク質と一緒にとれば免疫力増強が期待できます。

※おすすめ献立
 アジの干物、ジャガ芋のきんぴら、キュウリの浅漬け

(女子栄養大学生涯学習講師 豊田光子)

《材料》2人分
精白米150g、水230g、酒大1、塩小2分の1、アオジソの葉5枚、しらす干し大2、いりごま小2
《作り方》
米は洗って分量の水に漬けておく。
アオジソはせん切りにする。
しらす干しは熱湯をかけておく。
電気釜に ① の米と分量の水、酒、塩を入れて炊く。

炊きあがったご飯に ② のアオジソと一つまみの塩(分量外)をもみ加え、さらに ③ のしらすとごまを加えて混ぜ、器に盛る。


ポイントページの先頭へ
食
健康レシピ
最新号
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.