定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  健康レシピ 平成28年過去の記事一覧  
  平成28年12月下旬号
平成28年12月下旬号 白菜の甘酢漬け(138キロカロリー)
 白菜の大部分は水分ですが、ビタミンCも多く風邪の予防や免疫力アップに効果的。また、カリウム、カルシウム、マグネシウム、亜鉛などのミネラル類を含み、特にカリウムには利尿作用があるので、高血圧予防にも役立ちます。食物繊維も豊富。
ポイント本文はこちら
  平成28年12月上旬号
平成28年12月上旬号 アジとホウレン草のパン粉焼き(205キロカロリー)
 アジとホウレン草が手元にあると、塩焼きとおひたしにでもと思うことが多いですが、ちょっと目先を変えてみてはどうでしょうか?
 ホウレン草は、現在は1年中、店頭で見かけられますが本来は冬が旬の緑黄色野菜です。
ポイント本文はこちら
  平成28年11月下旬号
平成28年11月下旬号 キノコのおろしあえ(27キロカロリー)
 キノコは日本人にとって身近な存在。その付き合いは縄文時代からともいわれています。
 キノコには食物繊維が豊富に含まれ、血中コレステロールの上昇を抑え、動脈硬化を予防する働きが注目されています。
ポイント本文はこちら
  平成28年11月上旬号
平成28年11月上旬号 春菊と柿の白あえ(188キロカロリー)
 春菊は、鍋やごまあえにすることが多い野菜です。緑黄色野菜の代表格で、β—カロテン、ビタミンC、カルシウムを多く含みます。
 独特の香りは、α—ピネン、ベンズアルデヒドなどの約10種類の成分からなり、自律神経に作用し、胃腸の働きを高めるなどの効果が期待できます。
ポイント本文はこちら
  平成28年10月下旬号
平成28年10月下旬号 焼きなすのおひたし(33キロカロリー)
 ナスの旬は夏から秋。大半が水分で栄養成分が少ないとされてきましたが、皮や果肉にはポリフェノールの一種、クロロゲン酸が含まれ、抗酸化作用のほか、生活習慣病の予防などに効果が期待できます。中医学では体を冷やす食材として知られています。
ポイント本文はこちら
  平成28年10月上旬号
平成28年10月上旬号 豚肉のピカタ(397キロカロリー)
 豚ヒレ肉は同じ赤身のもも肉と異なり、肉質が軟らかいですが高価なのが難点です。値段が高い食材と安価なものを組み合わせて、経済的でボリューム感を持たせるなど工夫が必要とされます。
 豚肉は良質なタンパク質を多く含み、糖質の代謝や神経の働きに効果があるビタミンB1が豊富で…
ポイント本文はこちら
  平成28年9月下旬号
平成28年9月下旬号 苦ウリ(ゴーヤ)と焼き豚のマヨネーズあえ(123キロカロリー)
 ゴーヤ、ツルレイシとも呼ばれる苦ウリは熱帯アジア原産。古くから沖縄の郷土料理の食材として、そして今や全国どこでも手に入る人気の野菜です。
 熟す前の未熟果を食べますが、独特の苦味があります。この苦み成分はモモルデシン。
ポイント本文はこちら
  平成28年9月上旬号
平成28年9月上旬号 スイートポテト(177キロカロリー)
 このごろ、スーパーやコンビニで簡単に焼き芋を買えるようになりました。食べ残した焼き芋は、冷凍保存できます。
 サツマ芋は、便秘や肥満予防などに効果がある食物繊維を多く含んでいます。ビタミンEも豊富で、がんの原因になる過酸化脂質の発生を抑えます。
ポイント本文はこちら
  平成28年8月下旬号
平成28年8月下旬号 豚肉とゴボウの卵とじ(251キロカロリー)
 ゴボウは平安時代に、薬草として中国から渡来したといわれています。
 ゴボウには腸の運動を活発にする食物繊維が多く含まれています。中でもリグニン、イヌリンは、便秘の解消、整腸やがんの予防などの効果が期待できます。
ポイント本文はこちら
  平成28年8月上旬号
平成28年8月上旬号 冷やし担々麺(548キロカロリー)
 担々麺は、中国の四川省の麺で、本来は「担ぐ」という字からも分かるように、町の中を売り歩いていた汁なしの辛いあえそばでした。日本に伝わってきて、汁そばや、冷やしそばへと形を変えていきました。
ポイント本文はこちら
  平成28年7月下旬号
平成28年7月下旬号 セロリの中華風あえ物(40キロカロリー)
 セロリは独特の香りがします。その香り成分の1つがアピイン。精神を安定させ不眠やイライラにも効果があるといわれています。
 またセロリには、抗酸化作用の高いポリアセチレンが豊富なほか、さまざまなビタミンやミネラル、食物繊維などが含まれており、健康維持や疲労回復、便秘の改善などが期待できます。
ポイント本文はこちら
  平成28年7月上旬号
平成28年7月上旬号 フルーツのフレッシュチーズかけ(113キロカロリー)
 ヨーグルトを水切りして乳清と分離させると、簡単にフレッシュチーズができます。ヨーグルトが残っているときに作ってみると目先が変わって、食べやすくなります。フレッシュチーズは、パンケーキに添えたり、カレーなどに入れてもおいしく、癖もないので、チーズが苦手な人にも食べやすいでしょう。
ポイント本文はこちら
  平成28年6月下旬号
平成28年6月下旬号 グリーンピースごはん(460キロカロリー)
 エンドウマメの未熟果であるグリーンピースは、シューマイなどの飾りというイメージがありますが、サヤエンドウと同じように栄養価の高い野菜です。
 また、グリーンピースはタンパク質やビタミン、食物繊維などの栄養素を…
ポイント本文はこちら
  平成28年6月上旬号
平成28年6月上旬号 トマトと卵の炒め物(180キロカロリー)
 夏の季語にもなっているトマトは、中南米原産のナス科の緑黄色野菜です。サラダなど生で食べることが多いですが、煮物や炒め物にしたり、トマトソースにするなど、加熱してもおいしいものです。
ポイント本文はこちら
  平成28年5月下旬号
平成28年5月下旬号 春キャベツとキュウリのごま酢あえ(87キロカロリー)
 キャベツは、日本へは幕末に伝わり明治以降、本格的に栽培されるようになりました。
 キャベツには、ビタミンUが含まれています。これはキャベツから発見されたので、キャベジンとも呼ばれています。胃炎や胃腸などの潰瘍(かいよう)の予防に効果があるといわれています。
ポイント本文はこちら
  平成28年5月上旬号
平成28年5月上旬号 ナマリとキュウリの酢の物(89キロカロリー)
 「ナマリ」は、カツオを蒸した昔からある食材です。酢の物、焼き豆腐との煮物、炊き込みご飯などにします。
 カツオは、初夏の初ガツオ、秋の戻りガツオの年2回旬を迎えます。貧血の改善や神経のバランスを保つビタミンB12を多く含み、血合いには、ビタミンA、B1、B2、B12、鉄分などが多く含まれます。
ポイント本文はこちら
  平成28年4月下旬号
平成28年4月下旬号 菜の花のからしあえ(34キロカロリー)
 「菜の花」とはアブラナ科植物の総称です。昔は菜種油の採取用として、現在は観賞用、そして食用として各地で栽培されています。
 菜の花は花の咲く前のつぼみの部分を葉と共に食します。独特のほろ苦さ、香りと彩りが特徴の緑黄色野菜です。
ポイント本文はこちら
  平成28年4月上旬号
平成28年4月上旬号 鶏ささ身の梅おこわ (363キロカロリー)
 「おこわ」は、ご存じのようにもち米を蒸したもので、お赤飯はその代表的なものです。うるち米のご飯と異なり、腹持ちのよい食べ物です。
 もち米1〜2合でならば、電子レンジを使って、簡単におこわを作ることができます。
ポイント本文はこちら
  平成28年3月下旬号
平成28年3月下旬号 切り干し大根の ドレッシングあえ(142キロカロリー)
 大根は、根の部分は約95%が水分で、ビタミンCと消化酵素のジアスターゼが豊富に含まれています。葉はカロテン、カルシウム、食物繊維が豊富な緑黄色野菜です。
 野菜を干すと水分が抜け、うまみが凝縮されますが、さらなる利点は栄養価がグッと高まることです。
ポイント本文はこちら
  平成28年3月上旬号
平成28年3月上旬号 ワカサギのマリネ(145キロカロリー)
 ワカサギは冬から春が旬の魚で、骨ごと食べることができ、カルシウムを補うのに最適の食材です。カルシウムは、イライラを鎮め、骨粗しょう症を予防するミネラルです。ワカサギは、時間をかけてキツネ色に揚げることにより、また酢を入れた漬け汁に漬けることによって、骨が軟らかくなり食べやすくなります。
ポイント本文はこちら
  平成28年2月下旬号
平成28年2月下旬号 ホウレン草のごまあえ(80キロカロリー)
 ホウレン草は代表的な緑黄色野菜でビタミン、カロテン、ミネラルを多く含んでいます。さらに緑黄色野菜の中でも栄養価は抜群。貧血の予防にも効果があるといわれています。
 特に冬の露地物は、夏のものと比べ栄養価が高く、甘みも増しておいしくなります。
ポイント本文はこちら
  平成28年2月上旬号
平成28年2月上旬号 レンコンのゆず煮(125キロカロリー)
 このごろよく市販されている「ゆず茶」や「ゆずジャム」はパンに塗ったり、ドリンク、ヨーグルトに入れますが、レンコンと煮るのもおいしいものです。
 レンコンはハスの花の地下茎で、先が見通せるといってお節料理にも入れられます。
ポイント本文はこちら
  平成28年1月下旬号
平成28年1月下旬号 ブリの鍋照り焼き(260キロカロリー)
 ブリは成長によって名前が変わる出世魚として有名です。春の産卵に備えて太り、身の締まった冬の「寒ブリ」は格別においしいとされています。刺し身、照り焼き、しゃぶしゃぶなど、多彩な料理に使える魚です。
ポイント本文はこちら
  平成28年1月上旬号
平成28年1月上旬号 白菜のタヌキ煮(61キロカロリー)
 白菜は、このごろは1年中売られていますが、冬が旬の、鍋などに欠かせない野菜です。
 また白菜はビタミンCが割合多く含まれ、免疫力を高め、風邪予防や疲労回復に効果があります。葉の白い部分にはうまみ成分が多く、煮込むとほのかな甘いおいしさが引き出されます。
ポイント本文はこちら

ポイントページの先頭へ
食
健康レシピ
最新号
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.