定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | お茶の間けいざい | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  千葉版 平成22年過去の記事一覧  
  平成22年12月号
平成22年12月号 「パイプオルガンの良さ伝えたい」(茂原市の藤枝照久さん)
 「パイプオルガンの本物の音の良さを聴いてください」と話すのは茂原市千沢の武蔵野音楽大学オルガン科准教授の藤枝照久さん(55)。パイプオルガンというと演奏者も少なく一般的に聴く機会が少ない。そこで「千葉県内で唯一コンサートオルガンが楽しめる習志野文化ホールでクリスマス・スペシャル・プログラムと銘打って…
ポイント本文はこちら
  平成22年11月号
平成22年11月号 ミュージカルで介護予防(介護スタッフと高齢者が一体に)
 高齢化社会が進む中、介護は日本の大きな課題であり、また雇用の受け皿としても期待されているが、現実はまだまだ介護の現場は理解されていないように思われる。そんな中、訪問介護事業を営む小さなNPO法人の介護スタッフと一般市民高齢者が一体となって…
ポイント本文はこちら
  平成22年10月号
平成22年10月号 思い入れの着物を洋服に(市川市菅野/阿部嘉子さん)
 着物を洋服にリメーク。「父や母の着なくなった着物を仕立て直すことで親の思い入れを引き継ぐことができます」と話すのは「着物リメイク研究会」を主宰する市川市菅野の阿部嘉子さん(63)。古くなった着物を今着ることで着物の良さを再発見することにもつながると阿部さん。
ポイント本文はこちら
  平成22年9月号
平成22年9月号 ストレッチで要介護予防(人材パワーアップセンター)
 適当な運動を継続して行うことで健康を維持して病気やけがで要支援や要介護になるのを予防できる効果が確認されている。松戸市のNPO法人人材パワーアップセンターと松戸市保健福祉課の協働事業として10月から「楽しい健康体操」わくわくストレッチクラブを開設することになった。
ポイント本文はこちら
  平成22年8月号
平成22年8月号 太極拳、公園で続けて20年(流山市/陳氏太極拳同好会)
 ことし10月に千葉国体が開かれる。そのデモンストレーション競技として流山市で太極拳が10月3日(日)に行われる。その流山市で20年前から続いているのが「陳氏太極拳同好会」。
ポイント本文はこちら
  平成22年7月号
平成22年7月号 十八番は喜劇“水戸黄門”(素人劇団「だいこん座」)
 中高年の素人劇団「だいこん座」の座長を務める平井光彦さん(73)は「老人ホームや介護施設など年間10回ほど訪問して大変喜ばれています。帰るときにはこちらから、ありがとうございますという言葉が自然に出てきます」と演じる喜びを語る。
ポイント本文はこちら
  平成22年6月号
平成22年6月号 認知症予防は“フリフリグッパー体操”で(船橋市藤原の桐畑町会)
 地域ぐるみの認知症予防は「フリフリグッパー体操」で。船橋市藤原の桐畑町会会長の近藤正司さん(73)は6年前から法典公園・グラスポでこの体操に取り組んでいる。「この体操で誰もが必ず認知症を予防できるということではありません。ただ可能性のある人は…
ポイント本文はこちら
  平成22年5月号
平成22年5月号 流山市で終戦65周年イベント(長崎写真展や癒やしコンサートなど開催)
 終戦65周年のことし、3つの題材をコラボレーションした企画が流山市で持ち上がっている。「原爆投下後の長崎の写真展」が6月8日から開催するのに合わせて広島の被爆樹で制作したコカリナのコンサートを行う。
ポイント本文はこちら
  平成22年4月号
平成22年4月号 「歌や音楽」届けます(音楽ボランティア団体“美音の会”)
 さまざまな事情で音楽会に行けない人に、生の音楽を届けたいとの思いで発足した音楽ボランティア団体「美音の会(みねのかい)」。この会を率いているのが千葉市美浜区磯辺の玉木昭子さん(63)。
ポイント本文はこちら
  平成22年3月号
平成22年3月号 腹話術で喜びと健康を(君津市/ふくわサークル)
 「腹話術で人とのコミュニケーションと自身の健康を得ています」と話すのは腹話術サークル「ふくわサークル」代表の君津市北子安・礒野章治さん(67)。
ポイント本文はこちら
  平成22年2月号
平成22年2月号 日曜大工の腕生かし バリアフリー化支援(吉村友佑さん)
 「自分のために好きなことをしているだけですよ」と話すのは柏市篠籠田の吉村友佑さん(76)。吉村さんは日曜大工の腕を生かして高齢者や障害者の家のバリアフリー化などに貢献したいと仲間を募り…
ポイント本文はこちら
  平成22年1月号
平成22年1月号 南京玉すだれで笑顔(柏市あかね町/中村嘉夫さん)
 〜アッさて、アッさて、さて、さて、さて、さては南京玉すだれ〜威勢のいい掛け声とともにおもむろに玉すだれを取り出し「ちょいと伸ばせば釣りざおに」。
ポイント本文はこちら

ポイントページの先頭へ
千葉版
最新号
→ 平成29年過去の記事一覧
→ 平成28年過去の記事一覧
→ 平成27年過去の記事一覧
→ 平成26年過去の記事一覧
→ 平成25年過去の記事一覧
→ 平成24年過去の記事一覧
→ 平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright2017 Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.