定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | お茶の間けいざい | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  千葉版 平成28年12月号  
安心、安全な野菜を作ろう  NPO法人手賀沼トラスト

畑ではさまざまな野菜を作る。原則収穫した野菜は分配する。約10カ月かけて農作業を習得する
「里山農教室」の受講生を募集
 豊かな里山で有機・無農薬の野菜を作ってみませんか! NPO法人手賀沼トラストは、平成29年度「里山農教室受講生」を募集する。安全な野菜を食べたい人や家庭菜園を始めたい人、里山保全に関心のある人を対象に募集する。事務局長の富沢崇さん(68)は「農作業で体を動かすため健康にもいいし、また収穫物をおいしく召し上がっていただけるなどメリットがあります」とその活動に胸を張る。


富沢崇さん
1カ月に3回作業
 収穫する作物はジャガイモ、トウモロコシ、サツマイモ、ニンジン、スイカ、カボチャ、サトイモほか。「毎年新しい野菜に挑戦しますので、今まで作ってきたものを1種類外します。数が多すぎると管理ができなくなりますので…」と話す。収穫物は原則として受講生に分配する。

 開講日は3月から12月の原則として月3回土曜午前8時半から正午。場所は我孫子市根戸新田根戸城址周辺(JR北柏駅徒歩15分)。講師は農学博士・遠藤織太郎氏ほか。受講料は年3000円プラステキスト代1000円(別途、手賀沼トラストへの入会金2000円、年会費3000円が必要)。定員先着30人程度。募集期間は2月24日(金)まで。2月25日(土)午前9時半から説明会がある。

養蜂やハーブ栽培も
 受講生はさまざまな部会活動に参加できる。日本ミツバチ養蜂、ハーブ栽培、果樹栽培、野菜ソムリエ学習、竹細工教室、そば打ち勉強会などがある。
 来年からは農教室とは別にコメ作りにも乗り出す。「田んぼの持ち主が高齢になって遊休地となります。かといって我孫子市ではほかに転用できません。この土地を借りて挑戦します」。名付けて「GMT(地元)65プロジェクト」。

 このプロジェクトにはトラストの会員だけでなく、だれでも参加できる。機械は農家から借りて、コメ作りのこつも農家から教わる。農業機械講習会を開き、操作も学ぶ。

 遊休田畑では景観作物(ヒマワリの迷路、菜の花の散歩道)を作り、市からの補助金でコメ作りの費用をまかなう。

ヒマワリの迷路も
 4月にはトラクターで耕うん、苗作りも。5月には水を張って田植え。その後、草刈り、稲刈り、脱穀、乾燥、もみすりで終了。農業機械を使い作業する。「農作業に参加した人には参加時間に応じてコメやヒマワリ油を支給します」と富沢さん。

 「完全無農薬は難しいです。そのため田植え時に除草剤を1回だけ使い、ほかは一切農薬を使いません。極限の減農薬栽培を目指します」と話す。

 この法人は1999年3月に手賀沼周辺の里山を保全する目的で発足した。

 申し込みは事務局 Tel.090・2234・5610

ポイントページの先頭へ
千葉版
最新号
→ 平成29年過去の記事一覧
→ 平成28年過去の記事一覧
→ 平成27年過去の記事一覧
→ 平成26年過去の記事一覧
→ 平成25年過去の記事一覧
→ 平成24年過去の記事一覧
→ 平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright2017 Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.