定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | お茶の間けいざい | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  横浜・川崎版 平成23年過去の記事一覧  
  平成23年12月号
平成23年12月号 泣いて、泣きつくして…(歌手/山川豊さん)
 ことし、デビュー30周年を迎えた歌手・山川豊さん(53)。2012年1月には32枚目となる新曲「ナイアガラ・フォールズ」を発売する。また2月には横浜アリーナで氷川きよし、田川寿美、水森かおりらと「長良グループ 新春演歌まつり」を開催。
ポイント本文はこちら
  平成23年11月号
平成23年11月号 何歳からでも「挑戦すルー!」(ルー大柴さん)
 長い下積みを経て30代で売れっ子タレントの仲間入りを果たし、2000年に入り再ブレークして世間を驚かせた俳優のルー大柴さん(57)。25年以上も川崎市に住む神奈川県民である。現在、東京・シネマート新宿ほかで上映中の映画「WAYA!〜宇宙一のおせっかい大作戦〜」にも旅芸人役で出演中だ。
ポイント本文はこちら
  平成23年10月号
平成23年10月号 腹話術でみんな元気に(幸区/城谷護さん)
 独学で腹話術を学び、定年と同時にプロの腹話術師となった城谷護(まもる)さん(70)。現在、東京・浅草東洋館の定期公演のない時は、東日本大震災の被災地へ相棒の「ゴローちゃん」とともに訪問している。これまでも三宅島や中越地震の被災地など160カ所以上の避難所を回り、ボランティア公演を行ってきた。
ポイント本文はこちら
  平成23年9月号
平成23年9月号 「老人クラブ、カーネギーで歌う」(多摩区/稲田朗生クラブ)
 日本の老人クラブがカーネギーホール(ニューヨーク)で「千の風になって」を歌い、拍手喝さいを浴びる—。2008年にそんな奇跡を起こしたのは、多摩区「稲田朗生クラブ」。同クラブ会長・小島(おじま)修さん(74)はこのほど、そのてん末をまとめた著書「老人クラブ、カーネギーで歌う」(岩波書店)を上梓した。
ポイント本文はこちら
  平成23年8月号
平成23年8月号 延命治療を拒否 “笑ってさよなら”(俳優/入川保則さん)
 テレビ番組「水戸黄門」の悪徳商人や、杉良太郎、ミヤコ蝶々らの舞台など幅広い分野で名脇役として長年活躍してきた俳優の入川保則さん(71)。昨年、末期の直腸がんが発覚し全身に転移、余命半年と宣告された。入川さんは延命治療を拒否し、「死に逆らわない」と発表、話題を呼んだ。
ポイント本文はこちら
  平成23年7月号
平成23年7月号 明るく人生の「終いじたく」(女優/中村メイコさん)
 2歳で天才子役としてデビューし、近年はNHK大河ドラマ「篤姫」にも出演するなど、息の長い活躍を続けている女優・中村メイコさん(77)。昨年、“遺言状”として出版した「人生の終(しま)いじたくだって気になるじゃない、死んだ後のこと。」(青春出版社)が15万部以上の売り上げを記録している。
ポイント本文はこちら
  平成23年6月号
平成23年6月号 生涯現役 仕事は活力源!(正司歌江さん)
 2009年5月、“80歳の大型新人”として劇団「ワハハ本舗」に入団した正司歌江さん(81)。昭和30〜40年代に姉妹音曲漫才トリオ「かしまし娘」で活躍。新境地での経験に四苦八苦しながらも、「年齢に応じた考え方の切り替えが必要」と笑う根っからの芸人だ。23日(木)には相模大野で舞台も予定している。
ポイント本文はこちら
  平成23年5月号
平成23年5月号 理想郷見つけた! 憧れの田舎暮らしを楽しむ(港北区/下田重夫さん、恭子さん)
 横浜市港北区に住む下田重夫さん(68)・恭子さん(67)夫妻は、6年前に栃木県芳賀郡茂木町に購入したセカンドハウスと横浜の自宅で月の半分ずつを過ごしている。戦争で両親を亡くし、児童養護施設で育った下田さんにとって、茂木はずっと手に入れたかったあこがれの“故郷”だ。
ポイント本文はこちら
  平成23年4月号
平成23年4月号 相田みつをの詩に作画(漫画家/みつはしちかこさん)
 高校生の“チッチとサリー”の学園生活を描いた4コマ漫画「小さな恋のものがたり」や、朝日新聞日曜版に連載された「ハーイあっこです」の著者である漫画家・みつはしちかこさん(70)が、この春、没後20年になる相田みつをの詩にイラストを付けた詩画集「あなたにめぐりあえてほんとうによかった」(ダイヤモンド社)を出版した。
ポイント本文はこちら
  平成23年3月号
平成23年3月号 “サムライ化学者”高峰譲吉の妻を演じて(歌手のナオミ・グレースさん)
 アメリカの首都ワシントンのポトマック河畔にある桜並木の寄贈の裏で活躍した日本人がいる。彼の名は高峰譲吉。消化薬のタカヂアスターゼを発明し、止血剤のアドレナリンの結晶抽出に成功した化学者である。また譲吉はアメリカ人女性と公式では初めて国際結婚した。
ポイント本文はこちら
  平成23年2月号
平成23年2月号 思い出せ! 「知の明治維新」を(作家/志茂田景樹さん)
 作家・志茂田景樹さん(70)は、明治維新の動乱期にアメリカに留学し、帰国後、1880(明治13)年に法律と経済の学校を造った4人の男の青春の物語「蒼翼(そうよく)の獅子たち」(河出書房新社)を出版した。「明治時代にはたくさんの大学が創立されましたけれど、20代、30代の若者が大学を創立した、この点が僕の創作意欲をとても強く刺激しました。
ポイント本文はこちら
  平成23年1月号
平成23年1月号 「絶望の中から希望を…」(俳優/キム・ユンジンさん)
 女子刑務所内で在監者によって結成された合唱団の物語を描いた韓国映画「ハーモニー 心をつなぐ歌」(監督:カン・テギュ)が22日(土)から横浜ブルク13で公開される。実話をもとに製作され、韓国では300万人が泣いたといわれる同作。公開にともなって、主演を務めた俳優のキム・ユンジンさん(37)が来日。
ポイント本文はこちら

ポイントページの先頭へ
横浜・川崎版
最新号
→ 平成29年過去の記事一覧
→ 平成28年過去の記事一覧
→ 平成27年過去の記事一覧
→ 平成26年過去の記事一覧
→ 平成25年過去の記事一覧
→ 平成24年過去の記事一覧
→ 平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright2017 Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.