定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | お茶の間けいざい | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  埼玉版 平成20年過去の記事一覧  
  平成20年12月号
平成20年12月号 仲間と体力づくり 男性限定で活動(所沢市/小手指メンズフィットネスクラブ)
 「イーチ、ニーイ、サーン、シーイ、まーえ、うしろ、みーぎ、ひだり。はい次はもう少し早く行きますよ!」。講師・桜井良子さんのかけ声とカセットテープの音楽に合わせて、真剣な表情でストレッチ体操をしているのは、所沢市内で活動を続けている男性限定のグループ「小手指メンズフィットネスクラブ」の会員たちだ。
ポイント本文はこちら
  平成20年11月号
平成20年11月号 文化や伝統を伝えたい(和光市/和光市古民家愛好会)
 和光市の「新倉ふるさと民家園」は、県内に現存する民家では最古の部類に入ると思われる古民家・旧富岡家を復元したもので、市指定の文化財建造物となっている。その「民家園」の管理・運営を市から受託し、町づくりの拠点にしたいと活動を続けているのがサポーターと呼ばれる「和光市古民家愛好会」だ。
ポイント本文はこちら
  平成20年10月号
平成20年10月号 川辺を市民の憩いの場に(志木市/あいがも会)
 志木市内を流れる新河岸川河川敷にアイガモを放鳥し、川の清掃をし、コスモスを植え、川辺を市民の憩いの場にしたいと20年間活動を続けているのが志木市のボランティアグループ「あいがも会」だ。
ポイント本文はこちら
  平成20年9月号
平成20年9月号 “2足のわらじ”で町づくりに貢献(さいたま市見沼区/地域人ネットワーク)
 現役時代に培った技術や能力を生かして、地域の町づくりに貢献し、自らの生きがいを達成しようという退職シニアが中心となり、2005年からさいたま市見沼区で活動するNPO法人「地域人ネットワーク」。
ポイント本文はこちら
  平成20年8月号
平成20年8月号 「たくましい心」育てる一助に(さいたま市/紙芝居グループ「紙こばこ」)
 木々の緑に包まれた北浦和公園(さいたま市浦和区)の一角から、カチッカチッと昔懐かしい拍子木の音が聞こえて来る。その音に誘われるように、母親に手を引かれた幼児たちや、保育士に連れられた近所の保育園、幼稚園児が三々五々集まって来た。
ポイント本文はこちら
  平成20年7月号
平成20年7月号 男性陣が作り 女性が配達(栗橋町/栗橋ボランティアKCC)
 平均年齢71歳の男性陣が料理を作り、単身老人に弁当を宅配して16年目に入った「栗橋ボランティアKCC」。
ポイント本文はこちら
  平成20年6月号
平成20年6月号 キャンピングカーで全国周遊(狭山市/吉田洋一さん)
 狭山市に30年住んでいる吉田洋一さん(71)は退職後、70歳の時に購入したキャンピングカーで妻の清子さん(71)と一緒に日本各地を旅している。年間の半分以上をオートキャンプで過ごし、会社員時代からの趣味である写真も行く先々で撮り続けている。
ポイント本文はこちら
  平成20年5月号
平成20年5月号 無限の可能性引き出したい(鴻巣市/中島信一郎さん)
 鴻巣市で農業を営む中島信一郎さん(72)は障害者に向けて、農業体験を行う機会を設けている。6月には田植えと、ジャガイモ・タマネギ掘りを行う。
ポイント本文はこちら
  平成20年4月号
平成20年4月号 シャンソン歌手人生がスタート(見沼区/吉野あずささん)
 見沼区の吉野あずささん (53) が27日 (日)、自身の誕生日に市民会館おおみや小ホールでコンサート「出発 (たびだち) の詩 (うた)」を行う。吉野さんは3月に小学校の音楽教師を退職。30年間の教師生活を卒業し、念願のシャンソン歌手として本格的な活動を開始する。
ポイント本文はこちら
  平成20年3月号
平成20年3月号 中高年の就職を助ける!(蓮田市/佐々木廣司さん)
 蓮田市の佐々木廣司さん (61) は自らのリストラ経験を機に、中高年や障害者といった就職困難者の就職を助ける、NPO法人埼玉就業支援システムを立ち上げ理事長を務めている。
ポイント本文はこちら
  平成20年2月号
平成20年2月号 50代で歌手デビュー(川越市/宮腰カズ子さん)
 川越市在住の宮腰カズ子さん(59)が2007(平成19)年7月、演歌「近江八幡 恋もよう」のカセットを発売した。
ポイント本文はこちら
  平成20年1月号
平成20年1月号 未来に感動与えたい(草加市/野崎芳寿さん)
 華やかな着物をまとい、黒髪豊かな愛らしい市松抱き人形。なかでも、正座という日本独自の習慣から生まれた最高級品“三つ折れ人形”を作る、数少ない人形師の一人が、草加市在住の野崎芳寿さん(58)だ。
ポイント本文はこちら

ポイントページの先頭へ
埼玉版
最新号
→ 平成29年過去の記事一覧
→ 平成28年過去の記事一覧
→ 平成27年過去の記事一覧
→ 平成26年過去の記事一覧
→ 平成25年過去の記事一覧
→ 平成24年過去の記事一覧
→ 平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright2017 Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.