定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  茨城版 令和元年(平成31年)過去の記事一覧  
  令和元年10月号
令和元年10月号 日立1500年の歴史・文化を舞台化(日立市玉手箱実行委員会)
 日立市市制施行80周年記念事業として、市民参加の「オペラ・ミュージカル 日立の玉手箱」が2020年3月28日、29日に日立市民会館で上演される。物語は、日立の澳津説(おきつせ)神社に遊びにきた子どもたちが巨樹スダジイの精霊、スダ爺(じい)と仲良しになることから始まる。スダ爺が7つの玉手箱を開けると、日立1500年の歴史が歌や踊りで次々と演じられ、それを見た子どもらは感動する—という話の流れ。
ポイント本文はこちら
  令和元年9月号
令和元年9月号 音楽療法で心身向上(東海村・「東海メロディア」)
 音楽の持つ力を意図的に使って心身の健康向上を図る音楽療法。東海村の「音楽療法の会 東海メロディア」は、県内の障害者グループや施設で音楽療法を取り入れた音楽指導を行っている。10月12日、同村で開催される第6回「にじいろコンサート」に東海メロディアの生徒も参加、その成果を披露する。同会代表の村上邦子さん(71)は「障害者と健常者の演奏家の合同公演です。
ポイント本文はこちら
  令和元年8月号
令和元年8月号 皮むき間伐で森林再生(水戸市のNPO「きらめ樹森の守り人」)
 戦後日本では、雑木林の木を木材に適したスギ、ヒノキなどに植え替えていった。しかし、コストの安い外国の木材が流入するようになると、間伐(森林の健全な発育を促すため一部の樹木を伐採すること)など適切な手入れもされず放置される森が多くなり、やがて草花が育たない、動物や鳥も来ない、暗く荒れた森が出現するようになった。「きらめ樹」とは皮むき間伐方法の愛称。
ポイント本文はこちら
  令和元年7月号
令和元年7月号 癒やしの明かり「ひょうたんランプ」制作(那珂市・川又恵子さん)
 ヒョウタンの透かし彫りの図柄が明かりに浮かぶ「ひょうたんランプ」。そこからこぼれる光は、壁や天井を彩り、人々を癒やす。8月15日〜18日、那珂市の茨城県植物園で「ひょうたんランプ展」が開かれる。展示される約100点全ては、同市の川又恵子さん(63)が花などをモチーフにした作品だ。
ポイント本文はこちら
  令和元年6月号
令和元年6月号 映画「ある町の高い煙突」…環境破壊との闘い描く(監督・松村克弥さん)
 100年以上前、明治の終わりに日立鉱山の煙害(環境破壊)と闘った若者たちの姿を描いた新田次郎の小説「ある町の高い煙突」が映画化され、14日から水戸市とつくば市で先行上映される。日立市を舞台にした実話に基づき、この映画を監督した松村克弥さん(56)は「諦めないで目的に向かっていくと、こんな奇跡を生むんだということを伝えたい」と目を輝かす。
ポイント本文はこちら
  令和元年5月号
令和元年5月号 地域の在来種守る(常陸太田市「種継人の会」布施大樹さん)
 地域に残る固有の在来種は、農家で昔からほそぼそと栽培され受け継がれているが、いわば“農業の絶滅危惧種”のような存在だ。常陸太田市の「種継人の会(たねつぎびとのかい)」は、在来種を守りつつ、その魅力を伝える活動を行っている。同会が現在、力を入れているのが小豆の在来種「娘来た」の栽培とPRだ。
ポイント本文はこちら
  平成31年4月号
平成31年4月号 「見た人が温かな気持ちになれば…」(日立市出身のイラストレーター・ミウラナオコさん)
 「いきいき茨城ゆめ国体」(第74回国民体育大会)が、9月28日(土)~10月8日(火)に、「いきいき茨城ゆめ大会」(第19回全国障害者スポーツ大会)が、10月12日(土)~14日(月・祝)にそれぞれ開催される。その国体の顔として大活躍しているのが、マスコットキャラクター「いばラッキー」だ。作者は、日立市出身(現・東京都目黒区在住)のイラストレーター・ミウラナオコさん(57)。
ポイント本文はこちら
  平成31年3月号
平成31年3月号 伝統文化継承に情熱注ぐ(日立市の柳内芸術音楽院主宰・柳内呈留摩さん)
 筝曲、三弦、尺八などの「柳内芸術音楽院」を、自宅のある日立市で主宰する柳内呈留摩(やない・てるみ)さん(78)は、生涯学習の「ひたち生き生き百年塾」市民教授としてボランティアでの演奏にも情熱を注ぐ。茶道と華道の教授資格も持つだけに、活動は実に幅広い。「ボランティアなどでは、作曲者などをテーマに講話も行います…
ポイント本文はこちら
  平成31年2月号
平成31年2月号 伝統の「かな料紙」、次世代へ(常陸太田市・「小室かな料紙工房」小室久さん)
 書道でかな文字を書くために装飾された用紙「かな料紙」。平安時代以降に書かれた美しいかな書きの書「古筆」などに使われている。その「かな料紙」を平安時代の技法そのままに復元し制作しているのが常陸太田市の小室かな料紙工房だ。4月30日から、ひたちなか市のギャラリーで展示会を開くと話すのは同工房3代目の小室久さん(56)。
ポイント本文はこちら
  平成31年1月号
平成31年1月号 年を重ねながら…心ふくよかに(女優・羽田美智子さん)
 エリート刑事、老舗旅館のおかみ、農家の主婦…。女優の羽田美智子さん(50)は「若い頃より、できる役柄が広がりました」と声を弾ませる。11日公開の劇映画「この道」では、作家・与謝野晶子の役。反戦詩として有名な「君死にたまふことなかれ」を作りながらも、後に戦争賛美の作品を公にした胸中に思いをはせる。「その葛藤を表現するのは、易しくなかったです」。
ポイント本文はこちら

ポイントページの先頭へ
茨城版
最新号
→ 令和元年過去の記事一覧
→ 平成31年過去の記事一覧
→ 平成30年過去の記事一覧
→ 平成29年過去の記事一覧
→ 平成28年過去の記事一覧
→ 平成27年過去の記事一覧
→ 平成26年過去の記事一覧
→ 平成25年過去の記事一覧
→ 平成24年過去の記事一覧
→ 平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.