定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  茨城版 令和2年過去の記事一覧  
  令和2年9月号
令和2年9月号 コロナ禍の“骨格”残す(作家・海堂尊さん)
 “コロナ時代”の原初を小説に—。「チーム・バチスタの栄光」を皮切りに医療ミステリーのベストセラーを生み出す作家・海堂尊(たける)さん(58)は、「コロナ黙示録」を政府の緊急事態宣言期間中に執筆した。政治や行政の混迷、腐敗をコロナ禍の「骨格」と見定め、「それを正確に残す必要があると考えた」。
ポイント本文はこちら
  令和2年8月号
令和2年8月号 “笑い文字”で地元を元気に(日立市の飛田祥子さん)
 素材を自由に組み合わせられるアクセサリー作り、感謝や喜びを伝える「笑い文字」、安全な水溶性の画材を使う「キットパスアート」…。中学校の美術教師だった、日立市の飛田祥子さん(66)は、これらの講師資格を取得。教職の経験も生かして、講座を開いている。「楽しくて形になり、思い出にもなる1日だけの“1day講座”です。
ポイント本文はこちら
  令和2年7月号
令和2年7月号 「読む人の心に寄り添える絵本を描きたい」(日立市の絵本作家・satocoこと田中聡子さん)s
 「読む人たちの心に寄り添える絵本を描くこと」をテーマに創作活動を続ける日立市の絵本作家・イラストレーター「satoco」こと田中聡子さん(45)。2018年に出版した絵本「ポストのポス」(文と絵:satoco)に、子どもだけでなく大人からも反響が寄せられているという。郵便ポストの「ポス」が手紙を出しに来る人たちに思いを寄せる、切なくも温かい物語の同作。
ポイント本文はこちら
  令和2年6月号
令和2年6月号 知りたい欲求は増殖する(作家・小田光雄さん)
 古書を通して「出版」の全体像を読み解く—。“読み書きの職人”を自任する小田光雄さん(69)の著書「古本屋散策」は、膨大な読書の蓄積を糧にしたエッセー集だ。中小出版社や無名の出版人に着眼するなど、「裾野からの目線でないと、全体は見えてこない」と明言する。同書の「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」受賞は、「想像もしてなかった(笑)」。栄誉や部数ではなく、「知りたいという欲求に動かされてきた」と言う。
ポイント本文はこちら
  令和2年5月号
令和2年5月号 演技力磨いた初の刑事役(俳優・藤岡弘、さん)
 特撮テレビドラマ「仮面ライダー」の主人公、本郷猛役で人気スターとなった俳優の藤岡弘、さん(74)が今年デビュー55周年を迎えた。日本映画やアメリカ映画に出演するなど日米の映画界で活躍、またテレビでも数多くのドラマに出演してきた。その藤岡さんが、初めて刑事役を演じたテレビドラマ「高層の死角」がCS(通信衛星)放送のAXNミステリーで22日に放送される。
ポイント本文はこちら
  令和2年4月号
令和2年4月号 「故郷の再発見につなげたい」(常陸大宮市の郷土研究家・飯村尋道さん)
 常陸大宮市の郷土史研究家・飯村尋道さん(72)は昨年7月、福島県棚倉町から茨城県久慈郡大子町、水戸市までの旧街道沿いの歴史などを紹介した「棚倉城より水戸城へ、古道を歩く」の増補再版を自費出版した。旧街道は、現在の県道矢祭山八槻(やつき)線と国道118号線の原形。「故郷の再発見につなげたい」と飯村さんは目を輝かす。
ポイント本文はこちら
  令和2年3月号
令和2年3月号 ゆったりとした時間を感じて(「スロータウン常陸太田 ひなめぐり」)
 昔ながらの店蔵などが並ぶ、常陸太田市の鯨ケ丘は、穏やかな時間が流れる“スロータウン”。この地の商店街を舞台にした「第12回スロータウン常陸太田 ひなめぐり」が、22日まで開催されている。約80の協力店や公共施設には、江戸中期〜昭和のひな人形など100セット以上が飾られている。
ポイント本文はこちら
  令和2年2月号
令和2年2月号 「“花談議”楽しんで」(花苗などを販売する「花さんぽ」)
 常陸太田市などでイベントを開催し、種から育てた苗や手作りの小物、雑貨などを販売している「花さんぽ」。メンバーは常陸太田市に住む、代表の井坂美代子さん(72)と渡辺千恵子さん(68)、それに水戸市の稲毛廣子さん(70)の3人。3月13日、14日の両日にグループ結成10周年記念イベントとして「春まち♪2Day's Shop vol.10」をひたちなか市で開催する。
ポイント本文はこちら
  令和2年1月号
令和2年1月号 切り絵でまちおこし(真壁切り絵の会・竹蓋年男さん)
 桜川市真壁町の町並みなどを切り絵で表現する竹蓋年男(たけふた・としお)さん(59)。竹蓋さんは「真壁切り絵の会」を結成し、まちおこしに取り組んでいる。2月4日から約1カ月間開催される、同町の一大イベント「真壁のひなまつり」にも切り絵作品を出展し、まつりに彩りを加える。「真壁は、石と蔵の町だけではなく切り絵の町にもなりつつあります。『真壁のひなまつり』をぜひ見に来てください」と竹蓋さんは呼び掛ける。
ポイント本文はこちら

ポイントページの先頭へ
茨城版
最新号
→ 令和2年過去の記事一覧
→ 令和元年過去の記事一覧
→ 平成31年過去の記事一覧
→ 平成30年過去の記事一覧
→ 平成29年過去の記事一覧
→ 平成28年過去の記事一覧
→ 平成27年過去の記事一覧
→ 平成26年過去の記事一覧
→ 平成25年過去の記事一覧
→ 平成24年過去の記事一覧
→ 平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.