定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  法律 平成23年過去の記事一覧  
  平成23年12月号
相続放棄した場合 保険金の扱いは?(町田市/64歳女性)
 私の家族は夫と独立した子ども2人。夫は不動産関係の会社を経営していましたが、1カ月程前に急死しました。財産を調べたところ、自宅マンションには銀行の担保が付いている上に、会社の債務に個人保証もしておりました。マンションの価値より借入金の方がかなり大きく、相続の放棄をしようと考えております。
 ところが夫は生命保険にも加入していて、その契約では保険金の受取人を相続人としています。相続放棄をした場合、保険金は受け取れるでしょうか。受け取れるとしたら、誰がどんな割合で受け取ることができるでしょうか。
ポイント本文はこちら
  平成23年11月号
家主の行為に疑問(墨田区/58歳男性)
 私はこのほどリストラで会社を解雇されました。現在、マンションの家賃支払いが苦しくなり2カ月分滞納しております。マンションの敷金は賃料の3カ月分です。ある日部屋に戻ってみると、玄関から入った所に家主からの賃料の催告書が置いてありました。私が不在のときに家主が入り口のドアの鍵を開けて入ったことが分かりました。このような家主の行為は許されるものでしょうか。また、契約書に「賃料の支払いを怠ったときは無断で立ち入ることができる」と規定されている場合、このような規定は有効なのでしょうか。
ポイント本文はこちら
  平成23年9月号
遺産分割が進まない(調布市/62歳男性)
 私は3人兄弟の次男です。母は既に数年前に亡くなっており、半年前に父も死亡しました。父所有名義の土地建物には、父と同居していた長男家族が住んでおります。父の遺言はなく、遺産分割の話も進んでおりません。私と弟が相談して、兄に対し父名義の建物の明け渡し請求、または賃料相当額を不当利得として請求しようと思っていますが、できるでしょうか。
ポイント本文はこちら
  平成23年8月号
保証人の支払い義務(板橋区/48歳男性)
 私は友人がアパートを借りるとき、頼まれて保証人になりました。先日、友人が家賃の支払いを6カ月も怠っているとのことで、家主から私に請求がきました。今まで家主から友人が不払いであることの連絡は一度もありませんでした。私に支払う義務はあるのでしょうか。また、友人が死亡した場合、相続人に対し保証人となるのでしょうか。
ポイント本文はこちら
  平成23年7月号
妻子ある男性と30年同居、相続は?(北区/67歳女性)
 私は妻子のある男性と30年間同居して、約6年間は寝たきりの彼を介護してきましたが、亡くなってしまいました。布団の下から自筆の遺言状が出てきて、私に全財産を贈与すると書いてありました。また、生命保険証書もあって、保険金の受取人を彼の妻から私に変更してありました。財産は銀行預金100万円と、証券で500万円ありました。私は彼の財産と保険金を受け取ることができるでしょうか。
ポイント本文はこちら
  平成23年6月号
相続人の1人が行方不明(清瀬市/64歳男性)
 私の父の妹が亡くなりましたが、この叔母には夫も子どももいません。もちろんその両親(私からみて祖父母)は既に他界し、相続人は兄弟姉妹ということになります。祖父は二度結婚していて子は6人いましたが、全員亡くなっています。そのため、代襲相続となりますが、代襲相続人中の1人が行方不明となっていて、協議がまとまりません。このような場合、誰かを代理人として協議してもよいでしょうか。それともこのまま待つしかないでしょうか。
ポイント本文はこちら
  平成23年5月号
建物賃借権の無断譲渡(板橋区/58歳男性)
 私は5階建てのビルを所有していて、そのうちのワンフロアを株式会社に貸しています。最近、契約した当時の社長の姿が見られないので郵便物を見たところ、代表取締役の名前が代わっていました。問い合わせると交代したとのことです。契約書では、代表者が代わったときは、貸主に届け出ることになっています。このような場合、契約の解除はできるでしょうか。
ポイント本文はこちら
  平成23年4月号
家賃債務保証会社とは(三鷹市/70歳男性)
 私は70歳になる男性です。今まで住んでいたアパートが建て替えのため、明け渡すことになりました。移転先のマンションを探したところ、適当な部屋が見つかったのですが、「家賃債務保証会社を付けないと貸せない」と言われました。この保証会社とはどういうもので、注意すべき点はありますか。
ポイント本文はこちら
  平成23年1月号
隣家の工事で損害(墨田区/49歳男性)
 隣の人が木造の建物を壊して4階建てのビルを建てました。その工事の際の震動によって、わたしの家(2階建て)の屋根や壁に亀裂が入りました。このほか工事中の騒音・震動・粉じんなどによる損害を受けました。工事は建設会社が請け負い、下請け会社が一部を担当していたようです。わたしは誰に損害を請求したらいいのでしょうか。
ポイント本文はこちら

ポイントページの先頭へ
相談
法律
最新号
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
→ 介護
最新号
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
医療
最新号
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.