定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  法律 平成27年過去の記事一覧  
  平成27年11月号
義母の遺産相続(あきる野市/58歳男性)
 私の父は、母が死亡後に再婚しましたが、再婚後5年で亡くなりました。それから15年後に後妻である義母も亡くなりました。父の遺産は自宅の土地建物くらいで、預貯金関係は不明です。自宅は父の死亡後も義母が居住して使用していました。義母には兄弟姉妹が5人おります。父、義母共に遺言はなく、私は義母との養子縁組をしていません。また、私に兄弟姉妹はいません。自宅は父が先祖から承継したもので、私もここで生まれ育ったので、この土地建物は私が取得して子孫に引き継がせたいと思っていますが、何か良い解決案はないでしょうか。なお、義母の兄弟のうち1人は私に「(義母が)大変世話になったので、自分の相続分はいらない」と言っています。
ポイント本文はこちら
  平成27年8月号
内縁の夫との関係(足立区/65歳女性)
 私は、10坪ばかりの建物(築60年以上)を所有して飲食店をやっておりました。店によく来ていた常連の客と親しくなり、店の2階で同居し、内縁関係となりました。そんな折、地主から土地明け渡しの話がありました。
 ところが、内縁の夫が私に無断で勝手に地主と話を進め、私の知らない間に話をまとめ、立退料を受け取り行方不明となりました。夫は私の預金通帳も持って行って、そのほとんどを銀行から引き出しています。私と夫や地主との関係はどうなるのでしょうか。
ポイント本文はこちら
  平成27年5月号
家賃滞納と自力救済(江戸川区/31歳男性)
 自動車事故を起こしてしまった関係で、資金繰りが苦しくなり、マンションの家賃を2カ月分滞納してしまいました。先日帰宅するとドアに張り紙がしてあり、そこに「家賃をすぐ払え、そうでなければ部屋を明け渡せ」と書いてありました。中に入ると、いつもそろえてあるサンダルが乱れていて、誰かが中に入った形跡がありました。そこでマンションの管理会社に電話したところ、居住しているか否かを確認するために入ったとのことでした。このような張り紙や、無断での立ち入りは認められることでしょうか。また、契約書に家賃の支払いを怠ったときは、承諾を得ることなく立ち入ることができる旨の規定がある場合、この規定は有効でしょうか。
ポイント本文はこちら
  平成27年4月号
借地での住宅建て替え(東村山市/73歳男性)
 宅地30坪を借りて住んでおりますが、建物も築60年となり、老朽化が進んでいます。この際、4階建ての鉄筋のビルに建て替えて1階を店舗、2階を事務所として貸し、3・4階を住居として使いたいと思っています。
 契約書には「借地上の建物は、木造2階建てとし、住居用として使用しなければならない」と書いてありますが、借地人としてどのようにしたらよいでしょうか。
ポイント本文はこちら
  平成27年3月号
マンション管理費を変更できるか?(港区/71歳男性)
 私は住んでいるマンションの管理組合理事長をしています。このマンションの管理規約では、事務所としての使用が認められているため、最近区分所有者に会社が増えております。会社が事務所として使用する場合には従業員が何人もいて、人の出入りが多く、エレベーターなど共用部分の使用頻度も高く、出すゴミの量も多いのが現状です。そこで、会社の場合は管理費を個人組合員の倍額にしたらどうかという意見が、理事から出ました。規約をそのように変更しようと考えていますが、法的に問題はないでしょうか。
ポイント本文はこちら
  平成27年2月号
遺産分割と遺留分減殺(江戸川区/65歳男性)
 半年程前に亡くなった父の遺言書があります。それによると、自宅兼店舗と貸しアパートは私に、預貯金は母と弟に2分の1ずつ相続させると書いてありました。相続人は、母と弟と私の3人です。弟は、大学を出させてもらって大企業のサラリーマンになり、一戸建て住宅を持っています。私は高卒で、卒業と同時に家業である父の酒店を手伝い、ここ20年くらいは私が中心となって商売をしています。弟からは遺言とは関係なく、アパートを分けるよう要求があります。私は金銭で解決したいと思っていますが、弟の要求に応じなければならないでしょうか。
ポイント本文はこちら
  平成27年1月号
事業用定期借地権とは(北区/63歳男性)
 私鉄の駅前の土地100坪を借りて、建物は倉庫兼店舗として使用しています。このほど、大手コンビニエンスストアから「建物を建て替えて貸してほしい」との申し入れがありました。建物の建築費は保証金として出してくれるとのことです。そこで地主に話したところ、建て替え承諾料1200万円、契約更新料1000万円、地代は現在の6倍との条件が出されました。とても応じられないと断ると、承諾料、更新料なし、地代も3倍でよいが、期間は事業用定期借地権として20年間で、延期についてはその時相談するとのことです。応じても問題はないでしょうか。
ポイント本文はこちら

ポイントページの先頭へ
相談
法律
最新号
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
→ 介護
最新号
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
医療
最新号
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.