定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  法律 平成24年11月号  
父の遺産分割協議中に相続人の母も死亡  豊島区/59歳男性

 昨年11月に父親が亡くなり、その遺産分割の話し合いが継続中の今年8月に母親も亡くなりました。このような場合、遺産分割協議書は2通作成する必要があるでしょうか。また、不動産の相続登記はどのようにすることになるのでしょうか。そのほか注意すべきことがあったら教えてください。私の兄弟姉妹は3人です。


 父親の相続(第一次相続)について遺産分割未了の間に、母親の相続(第二次相続)が開始した、今回のような場合を数次相続といいます。

 数次相続における遺産分割協議書は、2通作成する必要はなく、1通にまとめることができます。この場合当然のことですが、遺産分割の協議には第一次相続における相続人全員(母親は死亡しているので除きます)、および第二次相続の相続人全員の参加が必要です。あなたのケースでは、きょうだい3人の参加が絶対条件です。

 まず、第一次被相続人である父親の相続で第二次被相続人の母親が取得する財産についてです。母親は、父親の相続の開始と同時に父親の遺産について相続分に応じた共有持分権を取得しており、これは母親の遺産を構成することになります。

 次に相続登記手続きのことですが、登記は、現実の権利変動の過程をそのまま表示するのが原則です。したがって、数次相続の場合には、第一次相続で母親が不動産を取得したときは、その登記をし、第二次相続でその不動産を取得した相続人に順次所有権移転登記手続きを行うことになります。ただし、数次相続の場合には、相続人中の1人が数次にわたり単独で相続する場合に限り、1つの申請書で相続登記の申請をすることができます。

 あなたの場合、父親の遺産分割前に配偶者である母親が死亡したのですから、相続税の配偶者税額軽減の適用が受けられるので、遺産分割協議書の条項に2段階の遺産分割をしたことを明確に記載することが必要となります。


弁護士 山下英幸
TEL:03-3508-0581

ポイントページの先頭へ
相談
→ 介護
最新号
令和元年過去の記事一覧
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
法律
最新号
平成31年過去の記事一覧
平成30年過去の記事一覧
平成29年過去の記事一覧
平成28年過去の記事一覧
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
医療
最新号
平成27年過去の記事一覧
平成26年過去の記事一覧
平成25年過去の記事一覧
平成24年過去の記事一覧
平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.