定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  東京版 平成21年7月下旬号  
半世紀 原爆症の妻を撮る  アマチュア映像作家/川本昭人さん

映画「妻の貌」には川本さんの飼い猫も“出演”している。「よく『猫がかわいい』と言われるんです」。50年以上に及ぶ撮影は「相手が家族だからこそできた。ギネスものかも…」と快活に笑う
 
   
映画「妻の貌」を制作
 “ヒロシマと妻”を撮り続けて半世紀─。アマチュアの映像作家、川本昭人さん(82)=広島市=が制作したドキュメンタリー映画「妻の貌(かお)」が25日(土)から、都内などで上映される。原爆症と宣告され、死と向き合って生きる妻、キヨ子さん(83)とその家族。「撮ることがわたしの愛情表現」と語る川本さんにとって初の劇場公開作品だ。「あの日」から64回目の夏、原爆への憤りを底流とした家族の記録から、“ヒロシマの歴史”が浮かび上がる。

愛情込めた「人間の記録」
 《わたしの人生を戻して》 原爆症の苦しみから横になり、カメラをにらむキヨ子さん。しかし、被爆の怒りをあらわにするシーンは、ごくわずかだ。2人の息子の成長と結婚、姑(しゅうとめ)の介護、孫たちの誕生と成長…。51年間にわたる家族4世代の生・老・病・死に原爆の影が差す。撮られることが日常の一部になっているキヨ子さんら家族は、カメラの存在を忘れたかのように、喜び悲しむ“素顔”を見せる。

 10代で肺結核に侵された川本さんは、「心の奥を表現したいという思いを募らせた」と8年間に及んだ自身の闘病生活を振り返る。広島で被爆したキヨ子さんとの結婚は1953(昭和28)年。当時、キヨ子さんに原爆症の症状はなく「病み上がりのわたしより、妻の方が元気だった」と笑う。

長男誕生で撮影
 58年の長男誕生をきっかけに、8ミリフィルムカメラを手にした川本さん。長男の成長や父親の跡を継いだ酒造りなどを撮影し、“小型映画”として編集した。生後間もない息子にキスをして笑うキヨ子さんの白黒映像…。被爆時の外傷がないだけに「ごく平凡な家族の幸せ」を感じさせる。しかし、結婚後10年以上たってから全身の倦怠(けんたい)感や頭痛に襲われたキヨ子さん。食べ物がのどを通りにくくなり68年、甲状腺がんと診断された。原爆症の宣告。キヨ子さんの母親と弟は原爆症で命を落とし、姉も甲状腺がんを患っていたが、川本さんは「知識と実体験は全く別ものと痛感した。一時はもうあかんか、と思い詰めた」と明かす。

本音を作品に
 手術を受けたキヨ子さんの病状が少し安定してから再びカメラを向けた。東京国際アマチュア映画コンクールで入賞した「私のなかのヒロシマ」(73年)は、40代のキヨ子さんを映した短編映画。その後も妻に寄り添うようにして、日々の営みや心の揺れを追い続けた。肺機能低下による息苦しさや激しい頭痛…。キヨ子さんは横たわり、酸素マスクを自分の口に当てる。それでも寝たきりになった川本さんの母親、ワカノさんの介護を13年間続けたキヨ子さん。カメラは、かつて嫁姑の確執もあったという2人が互いの病状を気遣う様子を映し出す。ワカノさんが亡くなった後、「(姑の存在が)重荷だったか」と問う夫に、キヨ子さんは珍しく感情をぶつける。

 《あんたはパーよ。おばあちゃんは、わたしを頼りにしてくれていた。あんたは、わたしを素材にして…、仕事の肥やしにして》

 川本さんは「ここが(ドキュメンタリーとして)面白いところ。妻は(作品に納めることを)嫌がったんじゃけど…」と笑顔を見せる。同郷の映画監督、新藤兼人の勧めもあって、初の長編ドキュメンタリー映画「妻の貌」を制作し01年に発表した。“大変過ぎる映像”は落としたというが、「どこを残すか、ぎりぎりの判断だった」。今夏公開するのは、最近の映像を加え再編集した“集大成版”。キヨ子さんは成人式に臨む孫の晴れ着姿に目を細める。しかし、甲状腺がんの後に発症した血液などの病気は治らず、しわの深くなった顔を涙でぬらす日も…。

 《一日も早く健康になりたい。みんなに迷惑を掛けて…》 声高に反戦を叫ぶことのない“妻の貌”に、平和の祈りがにじむ。

他の生物と同じ
 川本さんは50年以上の撮影を通し、「人間のありようが見えてきた気がする」と話す。「ほかの生き物と同じ。遺伝子を未来へとつなぐ存在」。その“命のリレー”を断ち切った原爆。「子ども、孫に恵まれたわたしらはまだ良かった」と話す川本さんは「日本が平和な今だからこそ、若い人にも見てほしい」と言葉を継ぐ。このところキヨ子さんの病状は思わしくなく、外出時は携帯電話を手放さない。「(家を出る時)『早く帰ってきて』といわれる」

 これからの撮影予定を聞くと、「これ以上、老いて病に苦しむ妻を撮るのは…」と、ためらいを見せた。

「妻の貌」
監督・撮影・編集:川本昭人
出演:川本キヨ子
上映時間:114分
25日(土)からユーロスペース(TEL03-3461-0211)ほかで全国順次公開

ポイントページの先頭へ
東京版
最新号
→ 平成31年過去の記事一覧
→ 平成30年過去の記事一覧
→ 平成29年過去の記事一覧
→ 平成28年過去の記事一覧
→ 平成27年過去の記事一覧
→ 平成26年過去の記事一覧
→ 平成25年過去の記事一覧
→ 平成24年過去の記事一覧
→ 平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.