定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  東京版 平成30年過去の記事一覧  
  平成30年7月下旬号
平成30年7月下旬号 「ちょっとだけ無理をする」(女優・八千草薫さん)
 ちょっとだけ無理をする—。87歳の今、ますます存在感を増す女優・八千草薫さんは、そんな考えを大切にする。「何もしないと後退しちゃう。(忙し過ぎて)気持ちが急いでしまうのも避けたいけれど…(笑)」。老夫婦とその家族らのひと夏を描いた舞台「黄昏(たそがれ)」の再々演を8月に控える。12年ぶりの出演で、キャストの中では唯一の“続投”。
ポイント本文はこちら
  平成30年7月上旬号
平成30年7月上旬号 あきらめなかった! 50代で“開花”(漫談家・綾小路きみまろさん)
 「中高年のアイドル」としてきょうもシニア世代の爆笑を誘う綾小路きみまろさん(67)。しかし、全国的に知られるようになったのは52歳のときと遅咲きだった。それまでの“売れない30年間”はキャバレーや歌謡ショーでの司会や漫談で地道に実力を磨いてきたという。その長い「潜伏期」を経てなぜ、ブレークすることができたのか。
ポイント本文はこちら
  平成30年6月下旬号
平成30年6月下旬号 ものまね封印! 映画初主演(タレント・コロッケさん)
 ものまねタレントのコロッケさん(58)が、本名の「滝川広志(ひろし)」として映画初主演—。16日公開の「ゆずりは」は葬送の場を舞台に、命の貴さと人の情愛を描いた物語だ。コロッケさんが演じた主人公は、葬儀社のベテラン幹部社員。心に傷を負い感情の起伏を失った役柄ということもあり、「ものまね、おふざけを封印した」と話す。「いわば“裏コロッケ”のお披露目です(笑)」。
ポイント本文はこちら
  平成30年6月上旬号
平成30年6月上旬号 「生涯現役でハモりたい」(コーラスグループ「ボニージャックス」)
 ロシア民謡「一週間」、「ちいさい秋みつけた」、「手のひらを太陽に」など、今では小さな子どもからシニアまでが愛唱する国民的合唱歌を世に広めた歌の伝道師集団「ボニージャックス」。今年、結成60周年を迎え、7月に横浜で記念コンサートを開催する。リーダーの玉田元康さん(84)は、「生涯現役で気の合う仲間たちとハモっていきたい…
ポイント本文はこちら
  平成30年5月下旬号
平成30年5月下旬号 今度は「素のまま」で!(女優・樫山文枝さん)
 女優歴50年を超える劇団民藝の看板女優、樫山文枝さん(76)が6月20日から上演されるロマンチック・コメディー「ペーパームーン」で瀬戸内海の粟島(香川県三豊市)にある実在の「漂流郵便局」をモチーフにした心温まる恋ものがたりのヒロインを演じる。夫を突然亡くし整理のつかない気持ちを「漂流郵便局」宛ての手紙にしたためる妻の役。
ポイント本文はこちら
  平成30年5月上旬号
平成30年5月上旬号 ハワイアンの灯守る(スチールギター奏者・白石信さん)
 戦後、日本人の心を癒やしたハワイアン音楽。そのおおらかな曲調と、現在のロックバンドを先取りした格好良さから、多くの学生の間で流行。1960年代半ばまでにバッキー白片、大橋節夫、マヒナスターズら多くのスターが生まれた。その多くが鬼籍に入った中、今も当時と変わらぬエネルギーで演奏活動を続けているのが「白石信(まこと)とナレオ・ハワイアンズ」を率いる白石信さん(85)だ。
ポイント本文はこちら
  平成30年4月下旬号
平成30年4月下旬号 演じる人間の“ゆがみ”探る(俳優・山﨑努さん)
 役の人間の“ゆがみ”を見つける—。俳優の山﨑努さん(81)は、それを役作りの要と位置付ける。「ゆがみは(人の)本質ともいえる。そこをとことん探究します」。5月公開の主演映画「モリのいる場所」では“画壇の仙人”といわれた画家・熊谷守一(もりかず)を演じている。時流や名声に頓着せず、庭の虫や鳥、草木を描いた晩年の守一。その胸中を推し量る。「あるときから内面の激しいものを外に出さなくなったのでは…」。
ポイント本文はこちら
  平成30年4月上旬号
平成30年4月上旬号 膠原病を克服…「歌こそ命」(歌手・ウイリー沖山さん)
 「スイスの娘」「山の人気者」など、速いテンポで繰り出される超絶技巧のヨーデルを駆使した楽曲のほか、豊かな声量と美声から紡がれるカントリーやジャズ、ハワイアンなどにより、「キング・オブ・ヨーデル」としてかつて一世を風靡(ふうび)したウイリー沖山さん(85)。4年前、膠原(こうげん)病(自己免疫疾患)に倒れたが、見事難病を克服。6月には生まれ故郷の横浜で復帰後初の本格的なコンサートに臨む。
ポイント本文はこちら
  平成30年3月下旬号
平成30年3月下旬号 小説の“自由”を探究(文筆家・松浦寿輝さん)
 東京大学大学院教授を自ら辞し、小説や評論の執筆活動に専念する松浦寿輝(ひさき)さん(64)は、「小説には“何でもあり”の自由がある」と話す。しかし、「自由はつらいです(笑)」。論文とは違い、「想像力の羽ばたきを要するのが小説の仕事。刺激的で面白い半面、難しさもある」と言い添える。「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」に輝いた「名誉と恍惚(こうこつ)」は、1930年代後半の上海が舞台の長編小説。
ポイント本文はこちら
  平成30年3月上旬号
平成30年3月上旬号 グループ結成40周年…「良い音楽を届けたい」(「サーカス」メインボーカル・叶正子さん)
 日本における男女混声コーラスグループの先駆者「サーカス」が結成40周年を迎える。節目の年となる今年は、アルバム制作やライブなどを行うという。メインボーカルの叶正子さん(65)は、結成当初から残る唯一のメンバー。長い歌唱歴を誇るが、「歌は友達」とほほ笑み、気負うことなく歌への思いを語る。「40周年を迎え私自身、あとどれくらい歌い続けられるか分かりませんが、日本だけでなく…
ポイント本文はこちら
  平成30年2月下旬号
平成30年2月下旬号 自作を「クァルテット」で(作曲家・ピアニストの加古隆さん)
 「パリは燃えているか」など数々の名曲で知られる作曲家・ピアニストの加古隆さん(71)。日本人の心情に訴える叙情的な曲調が特徴で、その透明感ある音色から「ピアノの詩人」との異名を持つ。その加古さんが“完璧、かつユニーク”と自負するピアノ四重奏団「加古隆クァルテット」が3月4日、サントリーホールで「加古隆コンサート2018『クァルテット・ベスト』」を開催する。
ポイント本文はこちら
  平成30年2月上旬号
平成30年2月上旬号 “今”に通じる楽曲を歌う(歌手・布施明さん)
 伸びやかな歌声で、数多くのヒット曲を歌い上げてきた布施明さん(70)。芸能人生53年目を迎えた今も、歌手としてだけでなく作詞・作曲家、小説家、俳優として活動を続けるマルチなアーティストだ。現在、昨秋から続く、自らの古希を前後にまたいだ全国ツアー「布施 明 AKIRA FUSE LIVE 2017—2018ROUTE70—来し方行く末—」を敢行中であり、3月10日には都内のステージに立つ。
ポイント本文はこちら
  平成30年1月下旬号
平成30年1月下旬号 芸の力で心を育てる(落語家・三遊亭究斗さん)
 ミュージカル俳優から落語家に転身した異色の経歴を持つ三遊亭究斗(きゅうと)さん(54)は、「ミュージカル落語」の創作・口演に情熱を注ぐ。演奏に合わせ歌い上げ、語りをじっくり聞かせる独自のスタイル。ミュージカルの名作や古典落語を基にすることが多いが、近年は「いじめ撲滅」がテーマの作品も練り上げる。「いじめられっ子だった」と言う究斗さんは今年、「芸能生活30周年」の節目だ。
ポイント本文はこちら
  平成30年1月上旬号
平成30年1月上旬号 “巡り合い”に感謝(俳優・小林稔侍さん)
 いぶし銀の存在感と温かみのある演技で数々の映画、テレビ、CMに出演、名バイプレーヤーとして活躍する小林稔侍(ねんじ)さん(76)。その小林さんがスクリーンデビュー55年にして映画初主演に挑んだのが、27日公開の「星めぐりの町」。天涯孤独の少年と向き合う実直な老職人の役を見事に演じている。「人との巡り合わせに恵まれてここまできました。出会いに感謝です。今回の映画のスタッフもそうですね。
ポイント本文はこちら

ポイントページの先頭へ
東京版
最新号
→ 平成30年過去の記事一覧
→ 平成29年過去の記事一覧
→ 平成28年過去の記事一覧
→ 平成27年過去の記事一覧
→ 平成26年過去の記事一覧
→ 平成25年過去の記事一覧
→ 平成24年過去の記事一覧
→ 平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.