定年時代
定年時代はアクティブなシニア世代の情報紙
ASA(朝日新聞販売所)からお届けしています
会社概要 媒体資料 送稿マニュアル
広告のお申し込み イベント お問い合わせ
個人情報保護方針 サイトマップ  
HP更新日 → 新聞発行日の翌々日(水曜日)
新聞発行日 → 第1月曜日:東京/埼玉/千葉/横浜・川崎/茨城
  第3月曜日:東京
トップ 東京版 埼玉版 千葉版 横浜・川崎版 茨城 高齢者施設 プレゼント
旅行 | おすすめ特選ツアー | 趣味 | 相談 |  | 仕事 | 学ぶ | これは便利これは楽々 | リンク | インフォメーション | 出版
定年時代
 
  東京版 令和元年7月上旬号  
東京キューバンボーイズ「結成70周年」  バンドマスター・見砂和照さん

往時のTCBは、伝説的なジャズのビッグバンド「原信夫とシャープス&フラッツ」ともよく共演していた。同バンドは惜しくも解散したが、70周年記念コンサートでは関西ジャズの名門「アロー・ジャズ・オーケストラ」を招へい。一夜限りの“バンド合戦”を行うという。「当日は父の時代の譜面を用い、双方がそれぞれの持ち味で掛け合いしながら演奏、当時の熱気を現在に再現します」と見砂さん
レコードデビュー30周年、7月に横浜でステージ
 戦後、日本に到来したマンボ旋風を背に一世を風靡(ふうび)したラテン・ビッグバンド「見砂直照(みさご・ただあき)と東京キューバンボーイズ」(TCB)。一度は解散したものの、2005年に復活した同バンドの結成70周年記念コンサートが12日に開かれる。率いるのは亡き父のあとを継ぎバンドマスターとなった見砂和照(かずあき)さん(67)。当日は往時の“懐メロ”だけでなく、近年のキューバ音楽をリスペクトし進化した新生TCBの演奏を聴いてほしいと意気込みを語る。「『父が生きていればこういうことをやりたかったはず』というのを目いっぱい盛り込みました。昔も、そして今も“聴いて、見て、元気になる”キューバンボーイズサウンドを楽しんでいただきたいですね」

 戦争の記憶がまだ新しかった1949年、ラジオから流れる、明るく軽快なラテンのリズムに憧れ、見砂直照により結成されたTCB。「当初は限られた情報の中、手作りの楽器で演奏を重ね、日本独特の『ラテン音楽』を築き上げたと聞いています」と同バンドの伝説を語り継ぐ見砂さん。「父と同じく多くのメンバーが鬼籍に入りましたが、みんな雲の上で相変わらずバンドを組んで演奏しているのではないでしょうか(笑)。当日は、『天国のバンドに比べ僕が率いる地上のバンドはどうですか』と、父に問い掛けながら演奏に臨みたいですね」

54歳で「覚悟」の再結成
 現在、見砂さんはTCBのバンマスとして年に数回指揮棒を振るが、“本業”はスタジオミュージシャンなどとして活躍するプロのドラマーだ。ただし見砂さんが音楽の道に進んだのは、父とは一切関係ないという。「幼少時、父と丸一日顔を合わせられたのは、1年通して2週間もなかったと思います。あまりにも仕事が忙しく、僕にとってはたまに家に来る“お客さん”みたいな存在でした(笑)」

 そのため父に影響を受けた記憶はなく、音楽にはまったのはきょうだいのバンド活動に触発されたからだと振り返る。「姉の練習を見に行き、ドラムの魅力に取りつかれました」

 アマチュア活動を経て、高校時代にプロのバンドに加入。19歳のとき、歌手のレコーディングを手助けするスタジオミュージシャンとなり、松山千春、さだまさしなどのフォーク歌手から松田聖子らアイドルまでもサポートしたという。

 やがて、23歳でポップスバンド「大橋純子と美乃家セントラルステイション」に参加したほか、さまざまなバンドに加入。業界に地歩を築いていった。

仕事では父にも敬語
 バンド活動にまい進していた27歳のとき突然父から、「ビッグバンドを経験した方が、音楽家としてつぶしがきくぞ」とTCBに誘われる。「父の真意がどこにあったのかは分かりませんでしたが、抵抗感なく合流しました」

 TCBのメンバーは自分よりはるかにベテラン。“新米”の自覚のあった見砂さんは、父とも公私の区別をつけ、仕事での上司として敬語で話していたという。「父は音楽に対して一切妥協のない人。自分は一楽団員としてそれに応えるだけでした」。しかし、2年後の80年、父の健康と経営の悪化からTCBは解散。そして、その10年後、父・見砂直照が死去する。「死の床でも虚空に向かって指揮をしていました。夢の中でコンサートを開いていたのでしょう。同じ音楽家として、言葉では言い表せられないほど偉大な人だったと思っています」

 TCB解散後、見砂さんは一ドラマーに戻り、芸能界で活躍していたが、04年のある日、キューバ大使館から呼び出しが掛かる。「キューバ音楽を日本で普及させた直照氏を顕彰したい。TCBを率いてキューバにきてくれないか」

「一生奏でたい」
 突然のことだったが旧メンバーが駆け回ってくれ翌年、54歳で「見砂和照と東京キューバンボーイズ」として再結成。「覚悟を決めあとを継ぎました」と見砂さん。バンマスを継いで以降、父の顔に泥を塗る羽目にならぬよう、ラテン音楽を必死で勉強したと話す。「旧来のTCBのラテン音楽を継承しつつも、より本場をリスペクトした、新しいラテンの響きを紹介していきたいですね」

 現在、TCBは1年に10回ほどコンサートを開催。メンバーもそれぞれ“本業”を持っているが、コンサートの予定が決まるとほぼ全員集まってくれるという。「バンマスを継いで以来、いろいろなプレッシャーで病を患ったりもしましたが、ステージに立てるうちは、ラテン音楽を一生奏でていきたいですね」

♪東京キューバンボーイズ結成70周年記念コンサート♪
 12日(金)午後5時、文京シビックホール(地下鉄後楽園駅直結)大ホールで。
 予定曲:「マンボNO.5」「マンボ・ジャンボ」「タブー」「ビギン・ザ・ビギン」ほか。
 友情出演:アロー・ジャズ・オーケストラ、たけうちtatata、矢坂順一、カルロス・セスペデス、岸のりこ、Somos Cubaほか。総合司会:露木茂。

 全席指定。前売りS席6500円〜A席5500円(当日各500円増)。問い合わせは日本ポピュラー音楽協会 Tel.03・3585・3903

ポイントページの先頭へ
東京版
最新号
→ 令和元年過去の記事一覧
→ 平成31年過去の記事一覧
→ 平成30年過去の記事一覧
→ 平成29年過去の記事一覧
→ 平成28年過去の記事一覧
→ 平成27年過去の記事一覧
→ 平成26年過去の記事一覧
→ 平成25年過去の記事一覧
→ 平成24年過去の記事一覧
→ 平成23年過去の記事一覧
平成22年過去の記事一覧
平成21年過去の記事一覧
平成20年過去の記事一覧
平成19年過去の記事一覧
   
定年時代読者のためのおすすめ特選ツアー
 
 
定年時代
トップ | 会社概要 | 媒体資料 | 送稿マニュアル | 広告のお申し込み | イベント | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | サイトマップ
当ホームページに掲載されている全ての文章、写真、イラスト等の無断複製・転載を禁じます。
Copyright Shimbun Hensyu Center Company. ALLrights reserved.